7月 2011

You are currently browsing the monthly archive for 7月 2011.

盛岡モスビルから

上田公民館へ。久しぶりです。どこだっけ?と忘れるぐらいに。一階の「ひだまり」というレストランで、友だちとランチ。
仕事で時間とれないというちくちくさんもかけつけて、楽しいランチです。
おすすめの「焼きカレー」をたべました。ちょっと太りそうですが、もりもり食べました。

やきカレー

ちくちくさんちのおはなし。
「あのね!きのうキジバトのメスがひょっこり帰ってきたのよ。そしたらオスが首んとこふくらませてボウーボウーと、しつこくしてるの! 」
「へえ〜、で、メスは?」
「メスはすまして餌たべてんの? オスは一生懸命ぼうぼうーいってんのに」
いやあ、自然界もたいへんだなあ。と盛り上がる。

ちくちくさんの手みやげ。梅味噌。そして、ペットボトルいれ。冷たいと汗かくでしょって。そうよね。ぬれちゃうもんね!

ペットボトル入れ

ランチが終わって、一路モスビルヘ。ジュンク堂で本を物色。あるわあるわ。さすが、あの本もこの本もある。久慈の本屋さんの何倍だろう。こういうとき田舎暮らしの悲しさがどっと襲う。なんだ!この格差は!と。
村上春樹の最新エッセイと、養老孟司2冊と内田樹2冊を買って、上の映画館へ。

夏休み冬休みはいつも、子どもをつれて映画を観にいった。そのくせがぬけないのかどうか、今でも子どもを誘って映画を観る。夏の映画といえばもっちジブリだ。去年は「アリエッタ」。今年は「コクリコ坂から」。あまり前宣伝がなくどういう映画かよくわからない。それでわたしの直感がぴっぴとくる。「これはたぶんわたし好みの、いい映画だ」。
映画館のない街にいると、無性に映画を観たくなったりする。ちょうどそれもかさなっていた。あれこれの用事を押しのけて、映画館の薄暗い空間に身を潜める。
映画は期待どおりの、清涼感と疼きをくれた。宮崎駿というひとは、どうしてこんなに微妙な感情のゆれを感知し表現できるのだろう。その一点だけでも、多くの観客を魅了しているのだろう。そしてそれが、今回の映画でご子息である次の世代へ、うまく移行したのだと感じられた。企画宮崎駿、監督宮崎吾朗。

館内

ジブリの映画はどちらかというと、「耳をすませば」や「おもいでポロポロ」が好き。「コクリコ坂から」もそっちのほうですね。失うものが多い今の日本で、失ってしまったものが丁寧にじんわりとえがかれていた。私たちは、ずいぶん大事なものをらんぼうにふりおとしながら、突き進んできたのだなあとおもう。

監督は前回大作「ゲド戦記」に挑戦し、いまひとつ不評だったご子息の宮澤吾朗氏。この映画で確かなものをつかんだなとおもう。よかったよかった、これでまた次が楽しみになる。

映画館

川で遊ぶ子山深い集落で水遊びをする子らに出会う 

ちくちくさんから、ちょっと前にお手紙と手作りエプロンがとどきました。

 

毎日あついですね。

おたくは今年も団扇でこの夏を乗り切りますか?

(ええ、ええ。団扇もつかわないわよ! 冷たい風が苦手なの・・

                 冷たい言葉も、冷たい目も苦手だけどね)

ところで野菜作り、上手ですね。

(どうも、ありがとう! あまり上手とはいえないけど、ちょっとずつね)

わが家のキジバト最近つがいを解消したみたいで、いつも一羽でいます。

逃げられたのか何だかわからないけど、野鳥の世界もいろいろありですね。

(うちのキジバトくんも、ちょっと見えなかったけど、オスだけもどってきました。一日に3度窓辺にきて、じーっと家の中をにらんで餌の催促。きっとバツイチになっちゃったんだね)

はとぽっぽ

はとぽっぽちゃん

エプロン、相変わらずだけど、使ってください。

(すてきなエプロンありがとう! いつもより、ほんのちょっと長めね。大人ぽくて素敵だわ!!)

エプロン

シンプルえぷろんこんなレイアウト、どうかしら

おたずねの八戸三社大祭、こちらをクイックね!

(うまくいかなかったら、ごめん!)

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/festival/sansya/

ところてん突き

7月18日は、海の日でした。

めったなことでは北上しないけど、この日は知人を訪ねて,種市へ。

帰り、ふらりと国道沿いの種市の産直へ。

種市産直

魚屋さんで、焼きサバを買い、

野菜売り場

野菜売り場で、トマト、茄子を買い、おーっと、なつかしのお麩の味噌漬けなるものがありました。軽米に住んでいたときは定番のお惣菜でしたね。それから、八戸近辺の甘い梅漬け。これもチョイス。

さてさて、そろそろ、おばあちゃんに夕顔でも食べさせてあげたいなと,反対側のお店に。とうもろこしも買って、きんつばも買って。ありました夕顔。

でも、となりに、気になるへんなお店。

気になるへんなお店

店頭にあるのはあかい銅鍋。みごと。こんな鍋があったらいいなとおもうけど、手の届かないお値段。

鍋いろいろ

う〜ん? これは、ウニをとるときの道具。海でつかう漁師さんのカゴ。いろいろふだん見ることのないお宝物がいっぱい。

かごいろいろ

では、ゆっくり、ご覧あそべな。

きれそうな包丁

りっぱな包丁です。

まねきねことそばをすくうやつ

むかしは、こんなのがどこの家庭にもありましたね。わたしは今でも使ってるけどね。いいものが、ありましたよ!さすが、おとうさん。いいものを見つけました。

これ、なんてゆう名前でしたっけ??

« Older entries