哀悼の詩

哀悼の日

 

ただ静かに

ただ静かに祈るのです

今日のこの日

 

思い出すのも狂おうしく

口に出すのも苦しすぎ

忘れたいのに忘れるわけもなく

 

それはとつぜんやって来た

天から地からやって来た

悪夢のような惨状が

 

空には色もなかったよ

風がぴ〜ぷ〜吹き荒れて

膝はがくがく 口はあんぐり

 

途方に暮れて

うなだれた

無力すぎたこの手も足も

 

あれから4年たつというに

あれから何年たつというに

ほくほくほくほく涙がわくよ

 

死んでいった吾が友に

病んで逝った吾が肉親に

消えてしまった吾が愛する町に

 

ただ静かに

ただ静かに祈るのです

3月11日午後2時46分

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

*