初夏の食卓

梅雨の真ん中

夏の始めの食卓はこのうえもなく美味。

三陸の豊な海が、この時期ならではのやわらかく肉厚の昆布をくれる。

細く切ってちくわや油揚げと煮るもよし、ニシンを丸ごと入れて昆布巻きにするもよし。

こんぶ

 

知人がワラビ採りに誘ってくれた。

あるわあるわ、おいしそうな紫色のワラビ。緑色よりこちらのほうがやわらかくて

おいしいのだそうだ。

わらびついでに山フキも採っちゃった

わらび煮る大鍋で煮て・・とっとっと

わらび3水であくを抜いて・・

地元産の小女子が、やっと出始める。待ちに待った小女子。震災前にくらべたらずいぶん少なくなった。こうして天然自然のものを食べられる幸福。田舎に住めばの最大の幸せ。

 

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

*